研修について

training

研修のご案内

  • 当協会は東京・大阪において、個人事業主で新たに「オルゴン療法」を取り入れスキルアップを図りたいとお考えの方、ご自身やご家族の為にオルゴン療法を身につけたいとお考えの方など幅広く募集しております。
  • 定期的に開催するこの研修会は、主にホームページ上でご案内募集しております。
  • 研修申し込み受付後、一週間程度で当協会より参加希望者へご連絡致します。
  • 研修会は午前午後の1日6時間程度(昼食時間を除く)とし、各会場で20名前後での締め切りとさせていただきます。
  • 研修参加費の改定(2019年5月より実施)

研修内容について

【各研修会の内容】

1回目 | 基礎編でリングの使い方や末梢へのアプローチの大切さを学ぶ。(2万円)

2回目 | 応用編で部位ごとの細やかなアプローチとセルフケアが中心。(2万円)

3回目 | 全身通しての総合実践(3万円)

注)研修生個々の受講態度・目的のズレがあると当協会が判断した場合には、2回目以降の研修会参加をご遠慮いただく場合がございます。

1回目・2回目の研修会終了から次回の開催まで、3~4か月の期間があります。その期間、各地区での勉強会を設けております。
研修受講後の復習・技術的不安や疑問の解消として参加をおすすめします。

修了認定と研修終了後について

  • 当協会の主催する3回の技能研修(基本→応用→全体)の受講が修了認定の前提となっております。
    3回の研修の中でオルゴン療法の知識を身につけ、目的に応じた施療法と使用方法を理解できた方に研修終了時に修了認定証を交付しております。
    (研修においての修了認定は、オルゴン療法の基礎となる第一歩を踏み出したに過ぎません。卒業すれば即実践での応用が可能か?という疑問にお応えするために実践に沿った再勉強会というアフターフォローも行っております。[関東・関西主催]是非ご参加ください。)
  • 修了認定後において、主としてオルゴン療法を取り入れ、ご活動いただいている方は、指導者の推薦により「協会員」として当協会のホームページに掲載致します。
    中でも、事業として熱意があり、正確な技術の習得と、商品使用説明を的確にできると判断された場合、指導者推薦により商品売買契約を結ぶことができます。
    但しこれには、技術面・接客面・販売面などのレクチャーを兼ねた再勉強会への参加が必須となります。
  • 協会員の中において、オルゴン療法への理解を一層深め、日々進歩を求め、他の模範となり貢献していただいている方を、当協会の判断により「功労会員」と称し当協会のホームページに掲載致します。
  • 功労会員の中において、今後の研修生への指導やアドバイスが大いにできると当協会が認定した方は、今後の研修会でのアシスタント及び指導補佐として更に幅広く知識・技術を高めていただき「名誉会員」といたします。
  • 名誉会員の中から、将来的に日本オルゴン物理療法師協会を支えてくださる主軸として、新たに「指導物理療法師」(指導者)として任命し、現任の名誉会員である「指導物理療法師」と共に活動していただきます。 指導者に任命された方については、各種勉強会やセミナー等の開催、運営を自主的に行えるものとします。

終了認定→協会員→(特別協会員)→功労会員→名誉会員(名誉会員から指導者を選出)

ページ上部へ戻る